いかえるの感想日記

本や映画を”お気に入り度”によって評価しまとめています。

実学書

本まとめ(2017年)

今更ですが、2017年のまとめ記事を作成しました! 独断と偏見により評価した作品のうち、5つ星、4つ星の作品を【小説、実学書、漫画】と分けて紹介します!(^^)! 2017年は★★★★★が4作品、★★★★が8作品となりました! 5つ星作品 レベルE プラネテス マジャン…

ニュートリノ小さな大発見 / 梶田隆章、朝日新聞科学医療部

内容 岐阜県・神岡鉱山の地下にある研究施設スーパーカミオカンデで観測を続けた梶田隆章さんが、2015年のノーベル物理学賞に輝いた。5万トンの超純水を張った巨大な水槽を使い、物質を構成する素粒子ニュートリノが「振動」する現象を発見、これまで重さが…

ニュートリノってナンダ? / 荒舩良孝

内容 2015年のノーベル物理学賞となった梶田隆章博士の発見「ニュートリノ振動」。ニュートリノの存在を提案した本人さえ、発見できるとは思っていなかった素粒子・ニュートリノって何なのか?難しく語られがちな素粒子物理の世界を、人気の科学ライターがと…

新・世界の日本人 ジョーク集 / 早坂隆

内容 他国に日本はどう思われているのか。世界的に見たとき、諸国の位置づけはどうなっているのか。 そんな疑問をジョークによって明らかにしています。 感想 日本にいると案外日本のことが分からないんだな~と思いました。だから他国から見た日本という視…

死ぬほど読書 / 丹羽宇一郎

内容 丹羽宇一郎さんの読書観がわかる本です。丹羽宇一郎って誰?って思う人はwikipediaをご覧ください。何かすごい人みたいです。 丹羽宇一郎 - Wikipedia 伊藤忠商事の社長時代、多額の負債を短期間で返済し、黒字経営まで回復させた経験があるらしいです…

縄文人に相談だ / 望月昭秀

内容 お金ってなんですか? どんぐりのことですか? お金が貯まらない、恋人ができない、部下がついてこない、将来が不安――。あれやこれやと悩みのつきない現代人。でも悩みなんて、全部まとめて貝塚にポイ! 話題沸騰のフリーペーパー「縄文ZINE」編集長がおく…

名刺代わりの本10選

twitterでよく見かける「名刺代わりの~」シリーズ。 名刺代わりの映画10選名刺代わりの本10選名刺代わりの漫画10選 名刺代わりとなると選び抜くのに覚悟がいる~。 でも自己紹介代わりに、「私はこんな感じの作品が好きですよ~」「こんな作品が心に響きま…

科学の扉をノックする / 小川洋子

内容 宇宙のはじまりはカップからこぼれたコーヒー?人間が豚を食べられるのは遺伝子のおかげ?作家、小川洋子が様々な分野で活躍する科学のスペシャリスト7人にインタビュー。科学の不思議を解き明かすため、日々研究に打ち込むひとびとの真摯な姿に迫る。…

読んだだけで味覚がよろこぶ、磨かれる 試したくなる。おいしいワインに出会う本 / 田中克幸

内容 本著によれば、ワインは濃く渋いものほど評価が高くなる傾向があるようです。 だけど仲間とわいわいホームパーティーで飲むときは、拡張高い重厚なワインよりも、さっぱりとした軽いワインが飲みたくなるでしょう。 味に優劣をつけず、ただ純粋に、横並…

働く、働かない、働けば / 巳年キリン

「本が好き!」というサイトで献本を頂きました。本文はそちらに書いたものをコピペしています。よろしければ覗いてみてください。 ikaeruさんの書評 働く、働かない、働けば【本が好き!】www.honzuki.jp 内容と感想 主人公のどんぐりさんは人材派遣会社から…

幸福論① / ラッセル

Eテレで放送中の「100分de名著」。ラッセルの「幸福論」の回に感動したので記録に残したいと思います。まずは第1回目の放送内容です。 内容と感想 幸福論というと、いろんな人が書いているイメージがありますが、世界三大幸福論というものがあるようです。 …

宇宙は本当にひとつなのか―最新宇宙論入門 / 村山斉

内容 広い宇宙にはどんな世界が広がっているのか。わたしたち人類にどんな影響があるのか。始まりはあるのか。どこに向かっているのか。 古くから多くの人によって考えられてきた問題を解き明かしつつ、現在の研究にも触れています。第1版発行が2011年で…

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 / 成毛眞

内容 日本マイクロソフト代表就任経験があり、早稲田大学客員教授、書評サイト「HONZ」代表を務める、成毛さんがAI時代に生き残れる人の条件についてズバっと述べています。 感想 成毛さんの「理系脳の条件」 がおもしろい。 概要だけ書くとこんな感じ。 ① …

多動力 / 堀江貴文

内容 プログラマーにコンサルタント、作家に投資家、映画プロデューサー。 様々な肩書を持ち、数々のプロジェクトをこなすホリエモンが、これからの時代で必要になるだろう、"多動力"の重要性や"多動力"ある人間になる方法について書いています。 感想 簡潔…

西洋音楽論 -クラシックに狂気を聴けー / 森本恭正

内容 クラシックはアフタービート。つまり裏拍が強いのだ。指揮者でもある森本さんが長年の音楽人生の中で友人と討論し、展開してきた数々の持論が一冊にまとめられています。根拠は弱いところもありますが、アイディアはとても面白いです。 感想 クラシック…

勝ち残りSEへの分岐点/三好康之

勝ち残りSEへの分岐点 (DB Magazine Selection) - 内容 タイトル通り、SEとして勝ち残るためにはどうすればいいのか、について書かれています。 ITコンサルタント+SE教育者の著者が、自身の体験やたくさんのSEに会ってきた経験から書いたもので、面白かった…

10分で読める伝記-3年生/塩谷京子

10分で読める伝記 3年生 - 内容 小学3年生のために書かれた伝記。 今作では以下の偉人について書かれています。 ・ノーベル ・ガリレオ ・パスツール ・シュバイツァー ・マザーテレサ ・アンデルセン ・ショパン ・ピカソ ・ヘボン ・リンカーン ・豊臣秀…