いかえるの感想日記

本や映画について感想を好き勝手に書いてます。

モアナと伝説の海

モアナと伝説の海 (吹替版)

 

内容

 
誰よりも海を愛する少女モアナは島の外へ行くことを禁止されていたが、幼少時に海とある出会いを果たしたことで運命が決定する。モアナは愛する者たちの救済のため、命をつかさどる女神テ・フィティの盗まれた心を見つけ出して再び平和な世界を取り戻そうとする。未知の大海原へと向かったモアナは伝説の英雄マウイと出会い、冒険を共にする。
 
『アラジン』『ヘラクレス』などのロン・クレメンツとジョン・マスカー監督が再びタッグを組み、南太平洋に伝わる不思議な伝説を基に描くアニメーション。幼少時のある出来事をきっかけに海と強い絆で結ばれた、16歳のヒロインの大冒険を描写する。新人のアウリイ・クラヴァーリョがヒロインに抜てきされた。南太平洋を舞台につづられる少女のアドベンチャーと、その歌声に魅せられる。
 

感想

 
「空と~海が~出会う~とこ~ろは~~ どれほどぉ~ 遠いの~」の歌で有名なモアナ。
さすがディズニー。水準が高い!
トーリーもキャラクターも曲もいい。そして何より映像が綺麗!海がとんでもなく綺麗!私はあんなに綺麗な海をみたことがない。
 
個人的にはマウイが好き。海での生き方も時間のつぶし方も熟知している30代くらいのおじさんって感じがたまらんなー。生きることへの余裕を感じるけど挫折も味わっている、人間味あふれる伝説の英雄なのです。
 
作中ではモアナの「自立」が描かれていて、初めは上手くいかないけどマウイに認められて成長してからは強くてたくましい少女へと変わっていく。最終的にマウイは良いビジネスパートナーになった。
少女とおじさんのコンビはディズニーで今までなかったんじゃない?
 
こういう年の差コンビもいいもんだ。
 

お気に入り度

★★★
 
私にこどもがいればもっと違った感想だったかな~