いかえるの感想日記

本や映画について感想を好き勝手に書いてます。

博士の愛した数式 / 小川洋子

 

博士の愛した数式 (新潮文庫)

 

内容

 

80分しか記憶をもてない博士と家政婦の「私」とその息子、ルートのお話。

 

感想

 

小川洋子さんの小説はやっぱり好きです。 

いびつなものや弱き者へ向けられる暖かさや、目の前のことを丁寧に扱う品の良さ。そういった細やかさが日々の疲れですり減った心を癒やしてくれます。

 

引用は「私」が誰も知らない美しさを見つけた部分です。

オイラーの公式は暗闇に光る一筋の流星だった。暗闇の洞窟に刻まれた詩の一行だった。そこに込められた美しさに打たれながら、私はメモ用紙を定期入れに仕舞った。

図書館の階段を降りる時、ふと振り返ってみたが、相変わらず数学のコーナーに人影はなく、そんなにも美しいものたちが隠れていることなど誰にも知られないままに、しんとしていた。

 このとき「私」が感じた歓びや誇らしさを思うと楽しくなってきます。

 

数学の世界を文学的にとらえるとこんなにも美しくみえるとは新たな発見でした。

 

 

お気に入り度

 

★★★★