いかえるの感想日記

本や映画について感想を好き勝手に書いてます。

ダンケルク

ダンケルク (ハーパーBOOKS)

 

内容

 
第2次世界大戦で敢行された兵士救出作戦を題材にした作品。ドイツ軍によってフランス北端の町に追い詰められた連合軍兵士たちの運命と、救出に挑んだ者たちの活躍を描く。監督は『インセプション』などのクリストファー・ノーラン。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディ、『プルートで朝食を』などのキリアン・マーフィ、『ヘンリー五世』などのケネス・ブラナーらが出演。圧倒的なスケールで活写される戦闘シーンや、極限状況下に置かれた者たちのドラマに引き込まれる。

1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。

 

yahoo!映画 より

 

感想

 

クリストファーノーラン監督の新作!待っていました!

 

ノーラン監督の映画の特徴としてまず映像美があげられますが、「ダンケルク」を観て思い知らされたのは表現力の高さでした。

 

もうね、戦争めちゃくちゃ怖いと思いました。私は戦争非経験者なので「怖い」と言っても軽く聞こえてしまうかもしれません。だけど本当に恐ろしかった。

 

何が怖かったか。

 

私は淡々としたストーリー展開が怖かったです。主人公も登場人物の名前も分からないまま、見えない敵に追いつめられて攻撃される。人の命が奪われていることに何の躊躇いもありません。「タイタニック」が死にゆく人すべてに人生があるのだと知らしめる映画だとしたら、「ダンケルク」は真逆なのです。

 

音楽がシンプルなのもとてもいい。

台詞も少ない中で銃声が際立ち、時計の針の音が緊張感を増長させます。銃声が怖かったんですよ本当に。映画館でびくびくしちゃった。オランダ商船の中を襲う銃がとても怖かった。

  

事実をありのまま観て受けとる。そういう形で戦争を考えたのは久しぶりな気がします。戦時中の"物語"を通して戦争の恐ろしさを伝えるのもいいですが、音や空気を表現し恐ろしさを伝える、というのも新しくていいと思いました。誤解を招くような言い方になりますが、押し付けがましいところがなくてよかったです。

 

歴史は得意ではなく分からないことも多かったので、ダンケルクの戦いのことをもっと知りたいと思いました。

 

お気に入り度

 

上映中は常に緊張してましたw

映画館でしか味わえない迫力と、緊張感の共有といったものを感じられたいい映画でした。

★★★★