いかえるの感想日記

本や映画について感想を好き勝手に書いてます。

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 / 成毛眞

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)

 

内容

 

日本マイクロソフト代表就任経験があり、早稲田大学客員教授、書評サイト「HONZ」代表を務める、成毛さんがAI時代に生き残れる人の条件についてズバっと述べています。

 

感想

 

成毛さんの「理系脳の条件」 がおもしろい。

概要だけ書くとこんな感じ。

① 新しいものに興味がある・変化が好き

② 刹那主義で未来志向

➂ コミットの範囲が明確

④ コミュニケーションが合理的

 

特に①②がおもしろいと思いました。どんどん変化に対応していかなくては生きていけないということでしょうか。本の中で、最先端技術に関するキーワードや、企業の名前、研究者などが「これ分かる?」「これはどう?」みたいな感じで出てきます。無知な自分にびっくりしましたw

 

2030年には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットに代替される。野村総研が2015年にまとめたレポートはあちこちで波紋を広げている。

 

上記は本の冒頭です。私は冒頭からすでにショックを受けました。

2030年というと、今(2017年)から13年後。私もまだまだ労働者です。その年に半分近くの仕事がロボットに奪われるなんてびっくりです!

そして、そんなレポートが今から2年前に発表されていたなんて知りませんでした!しかもあちこちで波紋を広げていたなんて聞いてないよ!無知って怖い!

 

ビジネス界のトップにいる人間はこういう知識があって、こういう例え話をして、こういう考えを捨てて、こういうことに熱を注いでいるのかーということがわかりました。刺激的です。

 

お気に入り度

 

★★★