いかえるの感想日記

本や映画について感想を好き勝手に書いてます。

パッセンジャー

パッセンジャー (字幕版)

 

内容

 

ハンガー・ゲーム」「世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンスと「ジュラシック・ワールド」のクリス・プラットが主演を務め、宇宙船内で極限状態に置かれた男女の愛と運命を描いたSF大作。20XX年、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、新たなる居住地を目指して地球を旅立ち、目的地の惑星に到着するまでの120年の間、乗客たちは冬眠装置で眠り続けていた。しかし、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。絶望的で孤独な状況下で生き残る方法を模索するうちに、2人は惹かれ合っていくのだが……。「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のモルテン・ティルドゥム監督がメガホンをとり、「プロメテウス」のジョン・スパイツが脚本を手がけた。

 

映画.com より

 

 

感想

 

セクシーなジェニファーローレンスを楽しめた映画でした!

 

知的で強気で独立心のある女性は見ていて気持ちがいい。そこに加わる色っぽさ。最高です。

宇宙服を着るシーンとかめちゃくちゃえろい。脱いだドレスを、後ろを向いてるクリスプラットの方へ投げちゃうんです。

水着もえろい。お腹にある網目はなんだ。肌を隠してる(?)のが 余計にえろい。

もう誘ってるとしか思えず、クリスプラットもメロメロになるわけですよ。

同じ女性から見ても、エロさが清々しくて好感を持てました。

 

さて、もういいかな。

 

まず、ストーリーや人物描写や設定が雑です。ご都合主義でごちゃごちゃしていて、結局何をしたかったのか分からないし、心理描写や表現方法も、繊細さに欠けるしありきたりで良くない(ついでに映像も悪くはないけどありきたり)。

それから、クリスプラット演じる、ジムが好きになれなかったのも残念でした。行動がストーカーっぽいんですよ。

嫌がってる女性に謝りたい気持ちは分かりますが、船内放送で一方的に話すのはやめてほしい。

 

あらすじから期待していたのですが、その分ガッカリした映画でした。

 

お気に入り度