いかえるの感想日記

本や映画を”お気に入り度”によって評価しまとめています。

縄文人に相談だ / 望月昭秀

 

縄文人に相談だ (縄文ZINE Books)

 

内容

 

お金ってなんですか? どんぐりのことですか?


お金が貯まらない、恋人ができない、部下がついてこない、将来が不安――。あれやこれやと悩みのつきない現代人。でも悩みなんて、全部まとめて貝塚にポイ! 話題沸騰のフリーペーパー「縄文ZINE」編集長がおくる縄文的お悩み相談。

 

引用元

https://www.amazon.co.jp/%E7%B8%84%E6%96%87%E4%BA%BA%E3%81%AB%E7%9B%B8%E8%AB%87%E3%81%A0-%E7%B8%84%E6%96%87ZINE-Books-%E6%9C%9B%E6%9C%88%E6%98%AD%E7%A7%80/dp/4336062390

 

感想

 

2018年は縄文ブームが来るかもしれない!

 

お恥ずかしいところ私は縄文に詳しくありません。ただ、2018年は縄文時代に関するイベントが、少なくとも私の知る限りで2つ開催されるようです。

 

2018年、縄文イベント
■7月上旬:ドキュメンタリー映画「縄文にハマる人々」公開

eiga.com
■7月3日~9月2日:東京国立博物館 特別展「縄文―1万年の美の鼓動」開催

spice.eplus.jp

 

どうでしょう? 縄文ブーム、来るんじゃない??


さて、縄文が注目されていることは分かりましたが、縄文の魅力とは何でしょう?
本書を読むとそれが分かるかもしれません。

 

縄文人に相談だ』はフリーペーパー『縄文ZINE』の編集長、望月昭秀さんが、現代人のお悩みを縄文的に回答する本です。縄文的な回答ですので、話が噛み合わないことも多々あります。だけどそれがいいのかもしれません。
縄文人の生き方は、その後の長い歴史の中で(縄文時代の歴史と比べると短いですが)人間が忘れてしまった、ヒト本来の生き方かもしれないからです。

 

例えば「女子なのに女友達がいません」という相談。
↓縄文的回答 

 

縄文時代、何より重要なのは子孫繁栄です。女友達と仲良くして子孫繁栄しますか?しませんよね。男と仲良くできれば子孫繁栄間違いなし。女友達なんかいなくても、そういう点では問題なしです。

 

例えば「規則正しいちゃんとした生活がしたい」という相談。
↓縄文的回答

 

現代人よ、夜をなめるな!不規則な生活に陥りやすい、その理由ははっきりしています。現代人が夜の恐怖を克服してしまったからです。(中略)もう一ついえるのは、行動が制限される夜に縄文人は別の意味を考えていたのではないでしょうか。それは「再生」。新しい朝を迎えるために夜は大切な時間でした。 

 

本書を読めば読むほど縄文人の素朴さやおおらかさに気がつきます。お金や文字、所有地という概念がなく生活もムラという単位で行っていた縄文人。人との距離が近くて孤独になる暇などなかったのでしょう。

 

私は以前、テレビで「長寿の秘訣は人付き合いにある」といっているのを観ました。以下の2点が特に大切だそうです。

 

・困ったときに頼れる人はいるか。
・社会に上手くとけ込んでいるか。

 

人との密接なコミュニケーションが人間には必要なのでしょう。縄文人のような暮らしをしていれば楽々クリアできます。

 

縄文人の生き方を学ぶことは、現代を生きやすくするためのヒントになるのではないでしょうか。

 

それから……
著者が様々な角度から鮮やかに回答するところや縄文愛が分かるところも読んでいて面白かったです。相談者も有名な方が何人かいらっしゃってニヤニヤしちゃいました。

 

お気に入り度

 

★★★★

 

縄文時代には1万年の歴史がありますが、弥生時代~現代までは2500万年しか歴史がありません。それを考えても縄文のすごさが分かりますね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

縄文スゴイ!