いかえるの感想日記

本や映画を”お気に入り度”によって評価しまとめています。

ブラック・スワン

 

ブラック・スワン (字幕版)

 

内容

 

ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾(こうかつ)で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。

 

引用元

解説・あらすじ - ブラック・スワン - 作品 - Yahoo!映画

 

感想

 

ネタバレあります。

 

 

 

 

 

いやあー怖い怖い!
「予告映像の怖さ」と「バレエ団」で、プリマ・バレリーナが劇団にいじめられるようなストーリーかな~と想像していましたが、まさか主人公が自滅していくお話だとは思いませんでした。人間の陰湿さとか愚かさとかを想像していたので驚きです。

 

それにしても完成度の高い映画でした。

ニナが完璧な黒鳥を演じるために、優等生だった自分を捨てて黒鳥に飲み込まれていく演出はすごかったです。ナタリー・ポートマンの鬼気迫る演技もすごかった。

 

だけど、ニナには荷が重すぎたようで堪え切れず自滅してしまいました。母の影響もありもとから情緒不安定だったのでしょう。最後は「白鳥の湖」のラスト通り、ニナ自身も命を落としてしまいました。

 

完璧を求めるのもほどほどにしたほうがいいのかもしれません( ゚Д゚)

 

お気に入り度

 

★★★