いかえるの感想日記

本や映画を”お気に入り度”によって評価しまとめています。

宇宙に命はあるのか / 小野雅裕

 

宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八 (SB新書)

 

内容

 

「私」はどこからきたのか?
1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。
本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名のプログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答えーー。

 

宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイマジネーションあふれる渾身の書き下ろし!

 

裏表紙より

 

感想

 

説明がとても分かりやすいです!

 

宇宙を夢見てきた時代から現代まで、どのようにして宇宙に近づいてきたか、熱のある文章で描いています。

 

宇宙開発は、小説家のイマジネーションから始まり、学者やプログラマー、政治家や宇宙飛行士、多くの人間によって支えられてきたのだと実感できる一冊です。

 

地球生命体は宇宙にとって、どういう存在なのか。
唯一の存在か。それとも特別でもないありふれた存在か。

今後、科学技術の進歩により地球外生命体を見つける日は来るのでしょうか。

 

謙虚な姿勢で待ち続けなければ、その日は訪れないのかもしれません。

 

天文学入門としてもおすすめです!

 

お気に入り度

 

★★★★★