いかえるの感想日記

本や映画を”お気に入り度”によって評価しまとめています。

オデッセイ

 

オデッセイ(字幕版)

 

内容

 

火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。

 

引用元

解説・あらすじ - オデッセイ - 作品 - Yahoo!映画

 

感想

 

火星にただ1人取り残されたワトニー。
そんな絶望的状況をポップに描いた作品です。
ポップだから悲壮感はありません。

 

そう!ケチャップがなくなったときが本当の絶望なのです!
というのは冗談です。

 

数秒の間に生死を分ける決断を下す宇宙飛行士はすごいなーと思いました。

 

ちなみに「ソル」というのは、火星の1日の単位です。
地球の1日と火星の1日の時間が違うため、分かりやすく区別するために「ソル」という単位を使用しています。


1ソルは地球時間で24時間39分35.244秒

 

これは、火星が24時間39分35.244秒かけて自転を行うからです。
火星が1回転すると、火星上で太陽が昇り降りし朝と夜を作ります。その時間の間隔が、24時間39分35.244秒なのです。

 

つまり、火星に住めばあと40分寝坊できる!ということになります。
なるのか…( 一一)?

 

1日=24時間というのは地球で生きるのに便利だから定めているだけで、実は地球外では常識ではないのです。

 

宇宙には地球上の概念を覆すもので溢れていて興味深いです…!

 

お気に入り度

 

★★★