いかえるの感想日記

本や映画を”お気に入り度”によって評価しまとめています。

ボヘミアン・ラプソディー

 

ボヘミアン・ラプソディ

 

内容

 

1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)とロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)も加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ。

 

引用元

解説・あらすじ - ボヘミアン・ラプソディ - 作品 - Yahoo!映画

 

感想

 

ネタバレあります!

 

 

 

 

 

ずっと気になっていたんですけど、なかなか行けなくて、
ついこの間観てきました( `ー´)ノ

 

映画館で観れてよかったよ!!!!!
本当に!!!( `ー´)ノ( `ー´)ノ( `ー´)ノ

 

迫力がすごくて感動しました。

 

何というか、魅せる場面がとても分かりやすくて、気持ちをあげるのが上手い映画だと思いました!('_')!

 

最近、ミュージシャンの人生をもとにした「Ray」という映画を観たのを思い出したんですけどね。「Ray」はレイ・チャールズという盲目のジャズピアニストの人生ですが、彼はフレディと同じようにめちゃくちゃ才能があってカリスマ的な人だったんです。

ikaeru.hatenablog.com


そしてフレディと同じように私生活にだらしがないところがあって破滅してしまいそうなところがあったんです。ミュージシャンらしいと言えばミュージシャンらしい。

 

だらしないところが「Ray」では、その人のことが嫌いになる一歩手前くらいまで表現していて、人間味があるな~と思っていました。大きいことを成し遂げる人は、ほかのところで代償を払っているんだな~って。

 

ボヘミアン・ラプソディー」ではそれがないんですよ!
途中からフレディが、少し調子にのってるな~と思うところはあったのですが(ちょっとだけね( 一一))、フレディはいつだって音楽のために身を削っている感じがして、そこまで嫌いになれないんですよ。
それがいいことなのか悪いことなのかは分かりません。

というかね、「フレディのことを大好きな人が作った映画」って感じがしました。

 

ケチをつけたいわけではありません!本当に!
むしろ、
面白いんなら、本当でも嘘でもどっちでもいいぜ!それがロックってもんだろ!
くらいの気持ちです。( 一一)
ロックとかよく分かりませんが( 一一)


ただ、フレディのことを大好きな人が作った映画だから、やや現実味に欠けているかもねーってだけです。それだけ。

 

私は、フィクション映画としてはとても面白くて満足だったし、クイーンかっこよかったし、映画観て興奮冷めやらぬまますぐにクイーンの曲聞いちゃったくらい好きです。

そう!クイーンのファンになってしまうんだ( 一一)!!!

 

あ、分かった。


ボヘミアン・ラプソディー」は多分萌え映画なんだ。
フレディーーー!愛してるぞーーー!君は最高だーーー!って叫びたくなる。
追いかけてるバンドのライブに来て興奮している客みたいな感じ。
映画観てるときも観終わったときもそんな感じだったと思います。
なぜだか分かりませんが、他人事だとは思えなかった…( ゚Д゚)

 

ついでに言うと、ロジャー役のベン・ハーディという方、めちゃくちゃかっこよかった…。

 

それくらい映画にのめり込みましたね!

 

そして物語のラストにライブ・エイド
クイーン再結成。メンバーとの絆。病気。大観衆。熱気。
テンションの上げさせ方が上手い!
それまででもクイーンにメロメロだったのですが、劇的なラストでさらに心を鷲掴みにされました。
自分もライブ会場にいるんじゃないかと錯覚してしまうほどに胸アツで、自然と足でリズムをとってしまいましたね!

 

いい映画体験をしました!!!( ゚Д゚)

 


劇中ではたくさんクイーンの曲が流れていましたが、「地獄へ道づれ」がけっこう好き。


地獄へ道づれ  クイーン

 

ベースがかっこいい。

 

お気に入り度

 

★★★★