いかえるの感想日記

本や映画を”お気に入り度”によって評価しまとめています!他にも、お出かけしたことや音楽について感想を書いています。

ブラック・クランズマン

 

ブラック・クランズマン (字幕版)

 

内容

 

黒人刑事が白人至上主義団体「KKKクー・クラックス・クラン)」潜入捜査した実話をつづったノンフィクション小説を、「マルコムX」のスパイク・リー監督が映画化。

 

1979年、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース。署内の白人刑事たちから冷遇されながらも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていたKKKのメンバー募集に勢いで電話をかけ、黒人差別発言を繰り返して入団の面接にまで漕ぎ着けてしまう。しかし黒人であるロンはKKKと対面できないため、同僚の白人刑事フリップに協力してもらうことに。

電話はロン、対面はフリップが担当して2人で1人の人物を演じながら、KKKの潜入捜査を進めていくが……。

 

主人公ロンを名優デンゼル・ワシントンの実子ジョン・デビッド・ワシントン、相棒フリップを「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバーが演じる。第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。第91回アカデミー賞では作品、監督など6部門にノミネートされ、脚色賞を受賞した。

 

引用元

https://eiga.com/movie/89045/

 

 

感想

 

 

ネタバレあります!

 

 

これって実話なんですよね。

冒頭でサラッと説明が入っていてびっくりしました。

 

だってKKKって確か過激集団ですよね?

そんなところへ黒人で新人の警察官が接触するのって危険すぎですよ。アダムドライバー演じるフリップもよく引き受けてるなーと思いました。彼もユダヤ人として使命感みたいなものを感じたのかな。

 

あらすじだけみるとコメディっぽいです。予告もコメディタッチだし。

 

だけど映画はとっても真面目。

 

黒人学生運動と白人至上主義団体の動きを対になるように映像を作ってるのがいい。対比ってすごい分かりやすくてどっちにも共感出来ちゃうんですよね。つい黒人の主人公を応援したくなるけど、KKKの人が黒人にされた酷いことを聞くと何が正しいんだろうって思いとどまっちゃいます。

 

多分だけど、黒人とか白人とか、大きな括りでみてるから悲劇が生まれるんですよね。黒人も白人も、良い人もいれば悪い人もいる。さらに言えば悪い人だって元々そういう人間ではなくきっかけが何かあったのかもしれない。

人種で相手のことを決めつけてると、きっとどこかで破綻する日がくるのではないかと思います。

 

日常的にそこまで根深い差別はないので、人種差別とかあまり考えたことがなかったかも。

だからラストの、パレードへ突っ込む車の映像はとてもショックでした。

 

気楽な感じで観始めたのですが(観る前はそこそこのコメディ映画だと思っていた)、ロンとフリップがKKKにバレないか緊張感があり、面白かったです。

 

差別について思い出したことが1つ。

私も会社で悩んだことがありまして。あの子はこれが許されるのに私はだめなの??そもそもあの子の行動、社会人としてどうなの〜?ってモヤモヤしていたことがありました。何かもう幼稚で恥ずかしいんですけど…(笑)

 

その時相談した人には「それは差別ではなくて、区別だから仕方ないし今の環境ではどうすることも出来ない。でも無理に納得して物分りのいい人間になる必要はない」と言われました。

 

納得いかないしモヤモヤは晴れないけど、自分の中で折り合いをつけて生きていかなきゃいけないんだな〜と思いました。この先たくさん向き合うことになるだろうし、その度にモヤモヤしてたら辛いし時間が勿体ない。

 

差別と区別って似てるけど全く違う。今はまだ難しいけど、どうやってこういう感情と付き合っていくか、答えが出せたらいいな〜。

 

映画とはあまり関係ないけどそんなことを思い出し書いてみました。

 

それでは今回はこれにて!

 

お気に入り度

 

★★★

 

飛んで埼玉

 

翔んで埼玉

 

内容

 

パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみGACKTの主演で実写映画化。

 

かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……。

 

二階堂が男性である百美役をGACKTが麻実役をそれぞれ演じる。監督は「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹

 

引用元

https://eiga.com/movie/89016/

 

感想

 

ネタバレあります。

 

 

すごく真面目なんだけど大げさでおバカ(褒め言葉です)で、こういうコメディは好きです。

 

中でも東京テイスティングがとても面白いな〜と思いました。そんなテイスティングないのにありそう!と思ってしまいます。都市によって匂いというか特徴ってあるよね。

 

そう、この映画の面白いところは、無いけどありそうとか、みんなはっきり言わないけど分かる、みたいなものが散りばめられているところだと思うんです。それを目に見える形で露骨に表現しちゃっているんです。普通、それが行き過ぎると悪口になるんですけど、清々しくて気持ちが良くなります。

 

大げさな世界観がとても良いです。

 

気になるのは微妙にBLっぽいところ。

GACKT様だから絵になるけど設定的に必要なのかなあ。全然関係ないけどリップグロスがツヤツヤなのが気になってしまい途中から口元ばかり観てしまった。

GACKT様、よく出演オッケーしたよね。

 

コメディはコメディなんだけど、最初から最後までストーリーも設定も真面目すぎて単調だったように感じました。設定が凝りすぎてて説明が長かったのかな。

映像のインパクトはあったけど映画館では観なくて良かったです。(少し辛口でごめんなさい)

 

 

お気に入り度

 

★★

悪くはないけど何となく星は2つで。

スケアクロウ

 

スケアクロウ(字幕版)

 

内容

 

ヒッチハイクアメリカ大陸を横断する2人の男の友情を描く。製作はロバート・M・シャーマン、監督は「哀しみの街かど」のジェリー・シャッツバーグ、脚本はギャリー・マイケル・ホワイト、撮影はビルモス・ジグモンド、音楽はフレッド・マイロー、編集はエヴァン・ロットマンが各々担当。出演はジーン・ハックマンアル・パチーノ、ドロシー・トリスタン、アン・ウェッジワース、リチャード・リンチ、アイリーン・ブレナン、ペニー・アレン、リチャード・ハックマンなど。

 

引用元

https://eiga.com/movie/45846/

 

感想

 

ネタバレあります!

 

 

 

ロードムービーってわりと好きなんですよ。アメリカの土地勘も無いから旅をされても分かんないんですけど、アメリカの広い大地を男たちがケンカしながら渡り歩いていくというシチュエーションにロマンを感じるのでしょうか。憧れるんですよね〜。

 

さて、「スケアクロウ」はあまり派手なシーンはないにしてもじんわりと胸に沁みるような味わい深い映画でした。

ジーンハックマンとアルパチーノが主演というのも良かった。

 

ジーンハックマン演じるマックスは短気でケンカっぱやいですが素直な男。対してアルパチーノ演じるライオンは優しくユーモアのある男。この2人がほんの些細なきっかけで出会い友情を深めていくのです。

 

観始めは、マックスが短気で何かと問題を起こすので共同経営することになったライオンが気の毒だな〜と思っていましたが、一緒に旅をしていくにつれてマックスが良い方向に変わっていきます。

そして、穏やかそうに見えたライオンの方が実は心に薄っすらと孤独や闇を抱えていて、ある意味で問題を抱えていたことに気が付きました。

 

ライオンは元妻との電話で息子が亡くなっていると知らされます(元妻の嘘ですが)。

ここのシーンがとても痛くて辛い。

ライオンも元妻も、どっちにも共感できちゃうんですよね。

 

元妻は捨てられた(と思っている)辛さを思い出し、やっと掴んだ幸せを邪魔されたくないから嘘をつく。ライオンが傷付くと分かっていても。

そしてライオンはその嘘を信じたかもしれないし、嘘だと気付いたのかもしれません。どちらにしてもひどく自分を責めたでしょう。

 

痛すぎる。辛すぎる。お互いに好きだった時期があったからこそ、このすれ違いはエグいです。

 

ライオンはマックスに話すこともできず、明るく振る舞い倒れてしまうのです。

 

ただ、この映画の救いはライオンにはマックスがいること。マックスが真っ直ぐで情のある男で本当に良かった。

きっとライオンもマックスがいれば乗り越えられるんじゃないかな。

 

2人の出会いは偶然だったけど、きっとお互いにとって必要なタイミングで出会えたから関係が続くのだと思います。

出会いと別れはタイミングだから、傷付くことがあったとしても、あまりマイナスに考えすぎず、風のように軽やかに受け止めていきたいと思いました。

 

マックスがライオンを選んだ理由も「煙草の火をくれたから」で、軽やかでとても良い。

 

 

お気に入り度

 

★★★★

 

グリーンブック

グリーンブック(字幕版)

 

内容

 

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。

 

1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。

 

トニー役に「イースタン・プロミス」のビゴ・モーテンセン、ドクター・シャーリー役に「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。トニー・リップ(本名トニー・バレロンガ)の実の息子であるニック・バレロンガが製作・脚本を手がけ、父とドクター・シャーリーの友情の物語を映画化した。監督は、「メリーに首ったけ」などコメディ映画を得意としてきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー。アカデミー賞では全5部門でノミネートされ、作品賞のほか脚本賞助演男優賞を受賞した。

 

引用元

https://eiga.com/movie/89815/

 

感想

 

ネタバレ込みの感想です。

 

 

ちょっと前に観た映画なので、だいぶ忘れてしまったのですが…。
こういった凸凹コンビのコメディって面白いですよね。
ビジネスパートナーだからコミュニケーションはそこそこ上手くいっているようにみえるけど、出身とか性格とか対極にいるからすぐケンカをするんです。

どちらも今までの生き方を背負っているからなかなか折れない、というか交わらない(笑)

そんな2人がお互いを思いやり、時にはクールに、時には熱く話し合い、距離を縮めていくところにグッと胸をうたれました。
テンポがめちゃくちゃいいんですよね。爽やか。

 

こういう映画を観ちゃうと、自分の人生で1度でもこんなに熱く自分の思いを打ち明けたことってあったかなって思って虚しくなっちゃうんですよね。
どちらかというと、私は空気を読んでケンカを避けて生きてきたので。
それも悪くはなかったのですが、そうじゃない生き方もあるんだな~とつい考えてしまいます。
というか、大人にもなってケンカ相手が出来る方がすごいのか。

 

こういう友情に憧れます。

 

お気に入り度

 

★★★

 

メモ(2020年4月30日)

こんにちは。いかえるです。

久しぶりにブログを更新しています。
2ヶ月ぶり?3ヶ月経つかな?

久しぶりのことなので今までどんなことを書いてたかな〜と戸惑いがあります。
どんな文体で書いてたっけ?(笑)

でもやっぱり、昔考えてたことを遡れるのっていいな〜と思います。懐かしい。
だからまたぼちぼちブログを書いていこうかと思います。ゆっくりでもいいから誠実に向き合っていきたいですね。

最近は映画も本も、かなりスローペースになっちゃったんです。悲しいことに集中力がなくなってしまって。
代わりに今、料理にめちゃくちゃはまっているんです。実はかなりの食いしん坊なので。
ブログを投稿できていない間、かなり料理にのめり込んでいました。作るのが楽しすぎて食べるのが追いつかないんです(笑)不経済!

料理の話はさておき。
やっぱり映画と本への情熱をある程度取り戻したいんですよね。
恐らく料理にはまっている分更新頻度は減りますが細々とでもブログを続けていければな〜と思っています。
そして映画と本との付き合い方も変えていきたいです。好奇心のままにあちこちに手をつけないように、本当に観たいものを観る、読みたいものを読む、というまあ当たり前と言えば当たり前なんですけど、1つ1つの作品との出会いを大切にしたいな〜と。

2020年はそんな感じでいきたいですね。
2020年もう4ヶ月も経っていますが、とりあえず今はそんな風に思います。

そんな訳で改めての決意表明でした。