いかえるの感想日記

本や映画について感想を好き勝手に書いてます。

メメント

メメント [Blu-ray]

 

内容

 

ある日、自宅に押し入った何者かに妻を強姦され殺害された主人公・レナードは現場にいた犯人の1人を射殺するが、犯人の仲間に突き飛ばされ、その外傷で記憶が10分間しか保たない前向性健忘になってしまう。

復讐のために犯人探しを始めたレナードは、覚えておくべきことをメモすることによって自身のハンデを克服し、目的を果たそうとする。出会った人物や訪れた場所はポラロイドカメラで撮影し、写真にはメモを書き添え、重要なことは自身に刺青として彫り込む。しかし、それでもなお目まぐるしく変化する周囲の環境には対応し切れず、困惑して疑心暗鬼にかられていく。

果たして本当に信用できる人物は誰なのか。真実は一体何なのか。

 

Wikipedia より

 

感想

 

結末を想像できるワードが含まれています。ご注意ください。

 

 

記憶のお話です。

一連の出来事の”見せ方”にとことん追求した映画だと感じました。

 

一連の出来事の結末を見せて、どうしてその結末に至ったかという構造は倒叙ミステリーのようですが、楽して観させてくれないところが、クリストファーノーラン監督らしいです。

ポイントは主人公の記憶力に合わせた映像になっている点です。

 

例えるとしたらこんな感じでしょうか?

 

Zという出来事が起こりました。

X+YがあってZが起こりました。

X+Yに行く前にはWがありました。

 

こんな見せ方をしているからややこしい。鑑賞者は頭の中で場面と場面をうまく繋ぎ合わせてみていかないといけません。

 

この見せ方の面白いところは、さっきまでいい人だと思っていた人が実は悪い人だったとわかるところです。

主人公は次々記憶を忘れるので、少し前の嫌な出来事は覚えていません。主人公が覚えていないのだから当然画面には出てきません。だけど、この出来事にくるまでにこういうことがありました、という過程をみると「こいつ悪いやつじゃん!」と思える人が出てくるのです。

そして最後まで観ていると今まで思考の支えとしていた主人公の存在さえも、信じきって大丈夫なのかと疑問に思えてきます。

 

ないことをあったと思い込んでしまうこと(逆もある)や自分の都合のいいように記憶を書き換えてしまうこと、そんな人間の記憶力のいい加減さをテーマにした映画でした。

 

ダンケルク」もそうだったけど、話の筋よりもテーマの本質を映像化したい監督なのかな~と思いました。

 

お気に入り度

 

最近仕事が忙しかったので1回しか観れなかったのが残念です。何が真実かよく分からなかったのでチャンスがあればもう一度観たいです!

★★★

 

のび太の雲の王国

映画ドラえもん のび太と雲の王国【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]

 

内容

  

雲の上には本当に天国があると信じてそれを馬鹿にされたのび太に、ドラえもんは雲の上に自分たちで天国(理想の王国)を作ろうと提案する。

紆余曲折があったものの、仲間たちの協力を得て雲の王国はついに完成。しかし、王国で遊んでいる途中偶然に、本当に天上人の住む雲の上の世界があることを発見する。自然に恵まれ絶滅動物が多数生息するその雲は、絶滅動物の保護地区だった。

そこの監察員パルパルに連れられ、施設に移動する5人。友好的に見えたパルパルだが、天上界では「動植物と地上人をあらかじめ天上界に避難させ、大洪水で地上文明を洗い流して破壊する」という恐ろしい方策「ノア計画」が実行されようとしていた。

 

wikipedia より

 

感想

 

先月「藤子・F・不二雄ミュージアム」に行ってきました。

原画やオブジェ、先生の作業部屋の再現、ミニシアター、お土産などとても充実していました。きれいなジャイアンのオブジェクトはぜひ見てください。

 

下手くそながら絵を描いてみました。1回レバーを引くごとに1段階きれいなジャイアンが上ってきます。間の取り方が絶妙で笑えます。

背後に桜の木が植えられていて、春は桜をバックにして見ることができます。ロケーション最高かよ~。

f:id:ikaeru:20171014132324j:image

 

 

さて、展示物の中にドラえもん映画のワンシーンを壁に張り付けているコーナーがありました。ドラえもん映画は小さい頃に見ていましたが、内容までは忘れていました。

展示物に触発されてドラえもん映画を見ようと思ったのです。

 

 

前置きが長くなりました。

のび太の雲の王国」の感想に入ります。

 

「環境問題」という大きなテーマに取り組みつつ、ワクワクする場面と考えさせる場面があるため、重すぎず軽すぎずとバランスのいい映画でした。テンポよくストーリーがサクサク進むところも観やすいです。

 

面白かった点について具体的にいくつかあげていきます。

 

雲の王国について

 

1 冒頭ののび太

すべてはのび太が学校の先生に質問することから始まります。

「先生、天国はどこにあるんですか?」

この質問をクラスメイトは馬鹿にします(先生の反応もそれに近かった)。それがきっかけで雲の王国を作ることになるのですが、、、

のび太偉くないですか?授業内容を自分の頭で考え疑問を持っています(疑問が素朴なところもいい)。この先ののび太がいい仕事をしそうな予感がしました。

 

2 建国方法 

ドラえもんの秘密道具を使って雲の王国を建てます。だけど規模が大きく完成予定は2年後。そこで株を売って資金を得て秘密道具を増やすという作戦に切り替えます。もちろん株の売却相手はいつもの3人です。しずか、ジャイアンスネ夫を巻き込んでの建国となるのです。私はここのリアリティが好きです。

 

ドラえもんの秘密道具

 

1 危険な道具は必要最低限に

王国内でだけ使える「雲の国王冠」。これを被った者の命令は逆らえないという、チート級の秘密道具が登場します。だけどあっさりと奪われちゃうんです。危険な道具、悪用されやすい道具は必要最低限にするか、保管方法を厳重にすることが大切です。教訓になります。

 

2 どこでもドア

今回オプションとして、ドアノブにダイアルがつきました。これがあると、時間を調節していきたい場所に行けるのだそうです。

便利は便利だけどこれも注意が必要です。どこでもドアを置きっぱなしにしていると、のび太ママが勝手にダイアルを回してしまいました。これによってのび太ドラえもんは10日後の未来に、地上が流されてしまうことを知るのです。残された制限時間は10日間。ラストにかけてスピード感を出すために、いいアイディアだと思いました。ただ、10日間という枠を使いこなせていないように感じましたが、そこはご愛嬌ということで。

 

 

ドラえもん作品のいいところは、子どもだましをしないところだと思います。大人の世界を覗かせてくれたり、夢のようなワクワクする瞬間を見せてくれたり。それは子どもから大人まで、多くの人に愛される理由にも繋がるでしょう。

 

お気に入り度

 

★★★

 

 

怒り

怒り

 

内容

 

横道世之介』『さよなら渓谷』などの原作者・吉田修一のミステリー小説を、『悪人』でタッグを組んだ李相日監督が映画化。現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に三つのストーリーが紡がれる群像劇で、前歴不詳の3人の男と出会った人々がその正体をめぐり、疑念と信頼のはざまで揺れる様子を描く。出演には渡辺謙森山未來松山ケンイチ綾野剛宮崎あおい妻夫木聡など日本映画界を代表する豪華キャストが集結。

 

シネマトゥディ より

 

感想

 

キャストが本当に豪華でした!そのため3つのストーリー、どれも濃密に仕上がっています。

森山未來松山ケンイチ綾野剛の、つかみどころがない男だけど何か理由がありそうだと思わせる奥行きのある演技もよかったし、宮崎あおいの少しアホっぽい女の子の演技もはまっていたし、妻夫木聡の内に秘める野獣感もよかった。

 

だけどもったいないんです。

この役者勢だからこの完成度になるのは当たり前。そして小説も未読ではありますが、映画を観るかぎりでは、良作だと思います。

だから、ただ小説を映画化しただけなんじゃないの?という思いが拭えず、もったいないなと感じてしまいました。(ネット情報では、映画は原作をアレンジをしているところもあるようですが、成功しているようには思えません)

 

この作品で一番伝えたかったのは「怒り」という感情でしょう。映画の中で様々な形の怒りを描いています。

愛するものを信じられなかった怒り、信じていたのに裏切られてしまったことへの怒り、犯人が殺害現場に残していった「怒」というメッセージ。

それはどれもいい結末に向かわず、気持ちの置き場所が分からなくてモヤモヤとした後味の悪さを産み出しています。

 

中でも犯人の「怒り」が私には一番興味深かったです。犯人は恐らくとても小心者で些細な事象にも敏感に感じ取り行動に起こしてしまう性格です。社会的地位の低さに劣等感を持っていて、他人の少しの親切も蔑まれたと受け取ってしまいます。そんな人間が現場に残していた「怒」にはどんな意味があるのか。殺人の動機は衝動的なものなので、殺害した夫婦に対する怒りではありません。

それは今まで自分を貶めてきた社会へ対する怒り。
自分にはもっと上階級に行ける実力がある、だから自分がこんな低い地位にいるのは社会が間違っているせいだ。
犯人の思考回路はそういったところではないかと察します。ネタバレ回避のため役者の名前は出しませんが、犯人役の方がすごいいい演技していました。

 

書いているうちにいい映画だったな、と思えてきたのですが(笑)、いかんせん上映時間が長い!ストーリー展開が3つの独立した物語を並行させる、という単純なものだったからそう感じたのかもしれません。

 

 

お気に入り度

 

本当は星3.5くらいだけど、きりがいいので3にします!

★★★

 

コンタクト

コンタクト [Blu-ray]

 

内容

 

 地球外知的生命体と人類の接触を描いたカール・セーガンのベストセラーを映画化。地球外知的生命体の存在を研究している天文学者エリーは、ある夜、未知の電波をキャッチする。それはヴェガ星からのものであり、地球上の映像と謎の設計図が納められていることが判明。それはヴェガ星への輸送機関であった。急ピッチで基地が建造されるが、エリーはパイロットの選考から洩れてしまう。だがテロリストによってヴェガへの発進基地は無残にも破壊されてしまう……。

 

 

こちらから引用させていただきました。

https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%88/83437/

 

感想

 

科学的な部分では、ややフィクションの割合が多いと感じましたが、夢のあるいい映画でした。

エリー(ジョディフォスター)がとにかく熱いんです!

地球外生命体はSFの世界のものだ、と他人に呆れられても「ライト兄弟の、鳥のように空を飛びたいという夢もSFなのか?」と怒ったり、パーマー(マシューマコノヒー)に地球外生命体のいる確率について熱弁したり、交信がきていないかと長時間通信機に耳を傾けていたり。

本気で夢を追う大人は、かっこいいです。

 

科学と宗教と政府の対立はリアルだな~と思いました。

真実を究明したい科学者。
神の存在を何より信じている宗教家。
他国に有益な情報を渡したくない政治家。

それぞれ自分のフィールドを守るために他を排除しないといけないのは辛いことですが、この問題はいつの時代も付きまとっていて不滅なのかもしれません。

 

 

お気に入り度

 

数々の悲しみを受け入れて大人になったエリー。いろんな夜を乗り越えてきたんだろうなと想像したくなるジョディフォスターの演技が素晴らしかったです。

★★★★

 

パッセンジャー

パッセンジャー (字幕版)

 

内容

 

ハンガー・ゲーム」「世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンスと「ジュラシック・ワールド」のクリス・プラットが主演を務め、宇宙船内で極限状態に置かれた男女の愛と運命を描いたSF大作。20XX年、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、新たなる居住地を目指して地球を旅立ち、目的地の惑星に到着するまでの120年の間、乗客たちは冬眠装置で眠り続けていた。しかし、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。絶望的で孤独な状況下で生き残る方法を模索するうちに、2人は惹かれ合っていくのだが……。「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のモルテン・ティルドゥム監督がメガホンをとり、「プロメテウス」のジョン・スパイツが脚本を手がけた。

 

映画.com より

 

 

感想

 

セクシーなジェニファーローレンスを楽しめた映画でした!

 

知的で強気で独立心のある女性は見ていて気持ちがいい。そこに加わる色っぽさ。最高です。

宇宙服を着るシーンとかめちゃくちゃえろい。脱いだドレスを、後ろを向いてるクリスプラットの方へ投げちゃうんです。

水着もえろい。お腹にある網目はなんだ。肌を隠してる(?)のが 余計にえろい。

もう誘ってるとしか思えず、クリスプラットもメロメロになるわけですよ。

同じ女性から見ても、エロさが清々しくて好感を持てました。

 

さて、もういいかな。

 

まず、ストーリーや人物描写や設定が雑です。ご都合主義でごちゃごちゃしていて、結局何をしたかったのか分からないし、心理描写や表現方法も、繊細さに欠けるしありきたりで良くない(ついでに映像も悪くはないけどありきたり)。

それから、クリスプラット演じる、ジムが好きになれなかったのも残念でした。行動がストーカーっぽいんですよ。

嫌がってる女性に謝りたい気持ちは分かりますが、船内放送で一方的に話すのはやめてほしい。

 

あらすじから期待していたのですが、その分ガッカリした映画でした。

 

お気に入り度

 

  

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 / 成毛眞

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)

 

内容

 

日本マイクロソフト代表就任経験があり、早稲田大学客員教授、書評サイト「HONZ」代表を務める、成毛さんがAI時代に生き残れる人の条件についてズバっと述べています。

 

感想

 

成毛さんの「理系脳の条件」 がおもしろい。

概要だけ書くとこんな感じ。

① 新しいものに興味がある・変化が好き

② 刹那主義で未来志向

➂ コミットの範囲が明確

④ コミュニケーションが合理的

 

特に①②がおもしろいと思いました。どんどん変化に対応していかなくては生きていけないということでしょうか。本の中で、最先端技術に関するキーワードや、企業の名前、研究者などが「これ分かる?」「これはどう?」みたいな感じで出てきます。無知な自分にびっくりしましたw

 

2030年には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットに代替される。野村総研が2015年にまとめたレポートはあちこちで波紋を広げている。

 

上記は本の冒頭です。私は冒頭からすでにショックを受けました。

2030年というと、今(2017年)から13年後。私もまだまだ労働者です。その年に半分近くの仕事がロボットに奪われるなんてびっくりです!

そして、そんなレポートが今から2年前に発表されていたなんて知りませんでした!しかもあちこちで波紋を広げていたなんて聞いてないよ!無知って怖い!

 

ビジネス界のトップにいる人間はこういう知識があって、こういう例え話をして、こういう考えを捨てて、こういうことに熱を注いでいるのかーということがわかりました。刺激的です。

 

お気に入り度

 

★★★

 

ABC殺人事件 / アガサ・クリスティ

ABC殺人事件 (創元推理文庫)

 

内容

 

 「6月21日、アンドーヴァーを警戒せよ」と文末に「ABC」と署名された挑戦状のとおり、Aで始まるアンドーヴァー(Andover)の町で、イニシャルがA.A.のタバコ屋の老女アリス・アッシャー(Alice Ascher)の死体が発見され、傍らには「ABC鉄道案内[2]」が添えられていた。

 

ABC殺人事件』(原題:The ABC Murders)は、1936年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説である。クリスティ18作目の長編で、エルキュール・ポアロシリーズの長編第11作にあたる。知名度・評価ともに高い著者の代表作の一つである。

 

wikipedia より

 

感想

 

フィクションとしての連続殺人事件が好きです。そこに物語性が生まれると思うからです。見立て殺人だったり、被害者に思いもよらない繋がりがあったり。

ABC殺人事件も連続殺人事件です。

ABCの殺人には何か意味があるのか、何が目的なのか。そういったことを考えながらワクワクして読みました。

 

意外に思ったのが、ポワロの謎解き方法です。物的証拠になりそうなものはなく、挑戦状を送りつける犯人の性格から謎を解いていくのです。

ポワロさんぐらいの探偵になると、経験値の高さから 犯人を追い詰めていくこともできるんだなーと思いました。

 

お気に入り度

 

★★★