いかえるの感想日記

本や映画について感想を好き勝手に書いてます。

ABC殺人事件 / アガサ・クリスティ

ABC殺人事件 (創元推理文庫)

 

内容

 

 「6月21日、アンドーヴァーを警戒せよ」と文末に「ABC」と署名された挑戦状のとおり、Aで始まるアンドーヴァー(Andover)の町で、イニシャルがA.A.のタバコ屋の老女アリス・アッシャー(Alice Ascher)の死体が発見され、傍らには「ABC鉄道案内[2]」が添えられていた。

 

ABC殺人事件』(原題:The ABC Murders)は、1936年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説である。クリスティ18作目の長編で、エルキュール・ポアロシリーズの長編第11作にあたる。知名度・評価ともに高い著者の代表作の一つである。

 

wikipedia より

 

感想

 

フィクションとしての連続殺人事件が好きです。そこに物語性が生まれると思うからです。見立て殺人だったり、被害者に思いもよらない繋がりがあったり。

ABC殺人事件も連続殺人事件です。

ABCの殺人には何か意味があるのか、何が目的なのか。そういったことを考えながらワクワクして読みました。

 

意外に思ったのが、ポワロの謎解き方法です。物的証拠になりそうなものはなく、挑戦状を送りつける犯人の性格から謎を解いていくのです。

ポワロさんぐらいの探偵になると、経験値の高さから 犯人を追い詰めていくこともできるんだなーと思いました。

 

お気に入り度

 

★★★

 

多動力 / 堀江貴文

多動力 (NewsPicks Book)

 

内容

 

プログラマーコンサルタント、作家に投資家、映画プロデューサー。 

様々な肩書を持ち、数々のプロジェクトをこなすホリエモンが、これからの時代で必要になるだろう、"多動力"の重要性や"多動力"ある人間になる方法について書いています。

 

感想

 

簡潔な文章であっさりしてます。

 1時間ほどで読み終えました。

 

心に残ったことをすくいあげてみます。

 

ホリエモンは型破りな人です。

1つのことをコツコツ積み上げることが美徳だとしている日本人の性質をばっさりと切り捨て、やりたくないことは徹底して排除します。

ワクワクするものには「サルのようにハマり」80点くらいのレベルにきて慣れてきたら次のワクワクに向かう。飽きっぽくてもいいから何足ものわらじをゲットしろ。そういったことを勧めています。

 

 

サルのようにハマるためには自分の時間が必要です。そのためにホリエモンはびっくりするほど色んなものを排除していますが、そこまではさすがに真似できませんw(詳しくは本を読んでくださいね)

だけど私も自分の時間を作り、有効に使用するためにはどうすればいいか、死ぬ気で考えようと思いました。

 

お気に入り度

 

現状から脱出したい人、背中を押して欲しい人におすすめです。

★★★

 

金田一少年の事件簿 ファイル9「飛騨からくり屋敷殺人事件」

金田一少年の事件簿 (11) (講談社コミックス (2106巻))

 

内容

 

剣持警部の知り合いの住む「からくり屋敷」に招かれた一と美雪。ところがその晩「首狩り武者」の凶行が始まる…。

wikipedia より

 (11、12巻所収)

 

感想

 

ネタバレあります。

 

 

評価は5段階、独断と偏見で採点しています。好みによるところが大きいです。

 

トリック ☆☆☆☆

難易度 ☆☆☆

動機 ☆☆☆

ドキドキ ☆☆☆☆

犯人の別名 首狩り武者

 

トリック

征丸の死体解剖をされないために(実子でないことがばれてしまうから)、もう一人の架空の人物を作りあげるなんて、よく思いついたな、犯人よ!とつい賞賛の声をあげたくなりました。回転ドアのトリックも好きです。

 

難易度

美雪がさらわれた理由など、はじめちゃんが推理過程でひっかかっている点について考えてみると分かりやすいかもしれません。解答編までヒントは多い方だと思います。

 

動機

赤ちゃんのすり替えから起きた今回の事件。紫乃さんが不憫だとは思いますが、同情はできませんでした。いくら実子ではないとはいえ征丸をその手で殺すのは可哀想すぎる。なんで母親に殺されなければならないのか。征丸の死の瞬間の気持ちを思うといたたまれないです。

 

ドキドキ

からくり屋敷の殺人事件って雰囲気あってドキドキします。美雪が嫉妬するところもかわいいな〜と思います。

 

 

お気に入り度

★★★

 

シックスセンス

 

シックス・センス Blu-ray

 

内容

 

 死者が見える少年と彼をサポートする小児精神科医の体験する「未知の世界」と2人の交流、そして少年が自分の持っている第六感とどう向き合って生きていくかを描く。

冒頭には、「この映画にはある秘密があります。まだ映画を見ていない人には、決して話さないで下さい」というブルース・ウィリスからの前置きが話題となり、本編もそれを裏切ることのない衝撃を含む内容で大ヒットした。この作品の成功によって、M・ナイト・シャマランは一流監督と見なされるようになった。また、ハーレイ・ジョエル・オスメントも天才子役という評価を決定付けた。

wikipedia より

 

 

感想

 

 思っていたよりホラーチックな映画で驚きました。結構怖かったw

ハーレイ・ジョエル・オスメントがいい演技をしていました。両親が離婚したばかりで霊の見える少年の不安な心情をうまく表現していて魅入られます。ブルース・ウィリスと心を通わせていくうちに母親とも秘密の話をできるようになっていくところに感動しました。

 

やはりラストは衝撃的です。

 

 

お気に入り度

 

やや設定が粗いのと映画を見た後の余韻が薄いと感じたため評価は低めです…。

★★★

 

金田一少年の事件簿 ファイル8「首吊り学園殺人事件」

 

金田一少年の事件簿 (9) (講談社コミックス (2052巻))

 

内容

 

進学塾に通うことになったはじめと美雪。しかしその学園は首吊り学園と呼ばれていた。そしてついに「地獄の子守唄」を名乗る者により首吊り殺人事件が起こる。

(9、10巻所収)

 

感想

  

ネタバレあります。

 

 

 

評価は5段階、独断と偏見でつけています。好みによる採点が大きいです。

 

トリック ☆☆☆☆☆

難易度 ☆☆☆☆☆

動機 ☆☆☆☆

ドキドキ ☆☆☆☆

犯人の別名 地獄の子守唄

 

トリック

 首吊り現場には「コモリウタ」のうちの一字が置かれる。これは5回事件が繰り返されること、同一犯であることの他に、順番を表していました。そういった心理を逆手にとって実は「リ」と「ウ」の事件の順番が逆だったことを巧妙に隠し、鉄壁なアリバイを手にしました。

一連の事件では「子守唄」というキーワードが重要な意味を持ちます。不気味な雰囲気を醸し出し、動機につながりがあって、アリバイ作りにもなっている。1つで3度おいしい「コモリウタ」!という塩梅ですね。私は貧乏性なのでこういうコスパのいいもの大好きです。トリプルミーミング。

それから解答用紙。にわとりのいたずらにもちゃんと意味があったんですね。

 

解答篇もペーパーテストによって犯人をあぶりだしていた点がユニークでとても面白かったです。

 

難易度

宮園と浅野の共犯説(主犯は宮園、あるいは宮園の知らないところで浅野が手を貸していた)も考えましたんですけどね~違いましたね。今回、怪しげなキャラクターが多くて難しかったです。森宇多子が「コモリウタ」のアナグラムなのも本当に嫌らしい。

 

動機

殺害された生徒、古谷、室井、仁藤はとんでもなく悪い人間でした。受験のストレスで悪行をするようになったのかは分かりませんが被害にあった生徒は本当にお気の毒です。というか仁藤はともかく、こいつらよく進学塾に通ってるよな。

ドキドキ

事件現場に「子守唄」が流れているってなかなか不気味で好きです。

久しぶりに下ネタがあったのも何だかよかった。

 

お気に入り度

 

★★★★

 

ダンケルク

ダンケルク (ハーパーBOOKS)

 

内容

 
第2次世界大戦で敢行された兵士救出作戦を題材にした作品。ドイツ軍によってフランス北端の町に追い詰められた連合軍兵士たちの運命と、救出に挑んだ者たちの活躍を描く。監督は『インセプション』などのクリストファー・ノーラン。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディ、『プルートで朝食を』などのキリアン・マーフィ、『ヘンリー五世』などのケネス・ブラナーらが出演。圧倒的なスケールで活写される戦闘シーンや、極限状況下に置かれた者たちのドラマに引き込まれる。

1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。

 

yahoo!映画 より

 

感想

 

クリストファーノーラン監督の新作!待っていました!

 

ノーラン監督の映画の特徴としてまず映像美があげられますが、「ダンケルク」を観て思い知らされたのは表現力の高さでした。

 

もうね、戦争めちゃくちゃ怖いと思いました。私は戦争非経験者なので「怖い」と言っても軽く聞こえてしまうかもしれません。だけど本当に恐ろしかった。

 

何が怖かったか。

 

私は淡々としたストーリー展開が怖かったです。主人公も登場人物の名前も分からないまま、見えない敵に追いつめられて攻撃される。人の命が奪われていることに何の躊躇いもありません。「タイタニック」が死にゆく人すべてに人生があるのだと知らしめる映画だとしたら、「ダンケルク」は真逆なのです。

 

音楽がシンプルなのもとてもいい。

台詞も少ない中で銃声が際立ち、時計の針の音が緊張感を増長させます。銃声が怖かったんですよ本当に。映画館でびくびくしちゃった。オランダ商船の中を襲う銃がとても怖かった。

  

事実をありのまま観て受けとる。そういう形で戦争を考えたのは久しぶりな気がします。戦時中の"物語"を通して戦争の恐ろしさを伝えるのもいいですが、音や空気を表現し恐ろしさを伝える、というのも新しくていいと思いました。誤解を招くような言い方になりますが、押し付けがましいところがなくてよかったです。

 

歴史は得意ではなく分からないことも多かったので、ダンケルクの戦いのことをもっと知りたいと思いました。

 

お気に入り度

 

上映中は常に緊張してましたw

映画館でしか味わえない迫力と、緊張感の共有といったものを感じられたいい映画でした。

★★★★

 

金田一少年の事件簿 ファイル7「異人館ホテル殺人事件」

金田一少年の事件簿 (8) (講談社コミックス (2036巻))

 

内容

 

異人館ホテルで行われるミステリーナイトに「赤髭のサンタクロース」から脅迫状が届く。俵田刑事に頼まれてはじめと美雪と佐木はホテルへ向かうが、それは連続殺人事件の始まりだった。

(8、9巻所収)

 

感想

 

俵田刑事、佐木くん、明智警視が再登場します!

 

ネタバレあります。

 

・ 

・ 

 

評価は5段階、独断と偏見です。

好みによる採点が大きいですw

 

トリック ☆☆☆☆

難易度 ☆☆

動機 ☆☆☆

ドキドキ ☆☆☆

犯人の別名 赤髭のサンタクロース

 

 

トリック

舞台の照明や台本に仕掛けを作っていて、劇団あるある(?)なトリックで劇団員を殺害しています。女優になりたかった犯人が劇団あるあるなトリックを使うなんて泣けます。犯人のキャラクター性とトリックを重ね合わせている点が美しいです。

 

難易度

少し立ち止まって考えると不自然なところがあります。ヒントも多くて分かりやすかったです。

 

動機

犯人が妹の本心を知って崩れ落ちるところは胸が苦しくなります。

ただ麻薬への憎しみにより警察官になった、というのは理解しづらかったです。過酷な環境で育った犯人がそういった復讐心を抱くのかな〜と思い、納得できなかったです。

 

ドキドキ

佐木くんが殺されるなんて···信じられないです。

それからドキドキとは関係ないけど、解決編ではじめちゃんのひと芝居に愚痴を言いながらも付き合ってくれる明智警視、好きです。

 

 

お気に入り度

 

★★★