いかえるの感想日記

本や映画を”お気に入り度”によって評価しまとめています。

電脳コイル

 

電脳コイル アーカイブス

 

内容

 

今より少し先の未来。子供たちの間で「電脳メガネ」が流行っていた。
電脳世界で起こる事件や都市伝説と向き合いながら、成長していく子供たちの姿を描いたSFアニメ。

 

感想

 

2007年に放送されていましたアニメです。
当時、とてもはまっていたのを覚えています( `ー´)ノ

 

最近、amazon prime videoでの配信が決定したので早速見ましたよ!
全26話!

 

やっぱり何回観ても面白い!

 

前半は、子供たちの間で流行っている「電脳メガネ」遊びを中心に電脳世界の説明をしています。意地とプライドをかけた電脳戦争を行ったり、イリーガルを育てたり、キラバク探しをしたり、自由研究を行ったり。
そして前半の説明が後半の伏線となり、怒濤のラストへと繋がっていきます。

 

一番心に残っているのは、本物って何?という問い。

 

電脳メガネによる事故が原因で、大人は子供たちからメガネを取り上げます。そして目に見えないものは偽物だから、目に見えるもので遊びなさい、と言います。

 

目に見えないものが偽物だと言うのであれば、デンスケが死んだときに感じた痛みは何だったのか。目に見えるものだけが本物なのか。
ヤサコは考えます。そして1つの答えにたどり着きます。

 

それは、目に見える・見えないに関わらず、自分の心に本物を問う方法。
デンスケは電脳ペットで実体はありません。触れることもできません。
だけど、いつもそばにいて励ましてくれて助けてくれた、大切な家族です。目に見えないから偽物、と切り捨てることはできません。
痛みを感じる方向に答えがあるのです!

 

星の王子さまにも書いてありました。

 

ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。
いちばんたいせつなことは、目に見えない。

 

そもそも電脳空間に限らず、大切なものは目に見えない場合が多いのです。
愛とか友情とか家族とか信頼とか裏切りとか。
目に見える形で表現することはできますが、それで判断するのは味気ない気がします。
それよりもヤサコのように、目には見えなくても自分の心に答えを求める方が、健全ではないでしょうか?

 

デジタル化が進んだ現代では、ますます不確かなものに囲まれていくことでしょう。
そんな状況で、目に見えるものしか信じないというのは、なかなか大変なことだと思います。

 

電脳コイル」は、デジタル化のポジティブな面と問題点とを、
子供たちの視点から描いたほろ苦く、切ない青春物語となっているのです( `ー´)ノ

 

ヤサコが電脳空間で、初めてデンスケに触れたシーンは泣けました( 一一)
好きなシーンの1つです。

 

お気に入り度

 

★★★★★

 

くるみ割り人形と秘密の王国

 

くるみ割り人形と秘密の王国 オリジナル・サウンドトラック

 

内容

 

チャイコフスキーのバレエで広く知られる「くるみ割り人形」を、ディズニーが実写映画化。監督は「ギルバート・グレイプ」のラッセ・ハルストレムと、「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」のジョー・ジョンストンが務め、くるみ割り人形に導かれて不思議な世界に迷い込んだ少女の冒険を壮大なスケールで描き出す。

 

愛する母を亡くし心を閉ざした少女クララは、クリスマスイブの夜にくるみ割り人形に導かれ、誰も知らない秘密の王国に迷い込む。「花の国」「雪の国」「お菓子の国」「第4の国」という4つの王国からなるその世界でプリンセスと呼ばれ戸惑うクララだったが、やがて「第4の国」の反乱によって起きた戦いに巻き込まれていく。

 

インターステラー」のマッケンジー・フォイが主演。キーラ・ナイトレイモーガン・フリーマンヘレン・ミレンら豪華キャストが脇を固める。さらにバレエ界からも、ミスティ・コープランドやセルゲイ・ポルーニンといったトップダンサーたちが参加した。

 

引用元

くるみ割り人形と秘密の王国 : 作品情報 - 映画.com

 

感想

 

ネタバレあります!

 

 

 

くるみ割り人形といえば!

チャイコフスキーバレエ音楽で有名ですね!

 

最近では、葦笛の踊りがSoftBankのCMに使われていたり、花のワルツとか金平糖の精の踊りはどこかで聞いたことがあるかと思います。

 

↓ 葦笛の踊り

www.youtube.com

 

↓ 花のワルツ

www.youtube.com

 

原作は、ドイツのE.T.Aホフマンの童話「くるみ割り人形とねずみの王様」。
それをバレエ用に作成し、当時「眠りの森の美女」で成功をおさめていたチャイコフスキーが音楽を担当しました。

 

そんな「くるみ割り人形」をディズニーが手掛けたということで、まあ間違いないだろうと思い観に行ってきました(°∀°)

 

うん、よく分からなかった!

 

音楽のアレンジ・美術は、ディズニーなのでやっぱり素晴らしい!
小序曲が流れてフクロウが街を飛んでいく導入部。
キラキラのドレス!ロシアの聖ワシリイ大聖堂をモデルとした宮殿!

 

クララがクリスマスプレゼントをたどっていくうちに夢の世界へ入り込んでしまったシーン!

 

とてもよかったです!( `ー´)ノ

 

聖ワシリイ大聖堂(ロシアを意識してるぅ!(゚ω゚))

f:id:ikaeru:20181204225645j:image

ただ、全体的に雑な印象を受けました( `ー´)ノ
クララが亡き母から受け取ったメッセージに気がつくシーン。
もうちょっと余韻を残させて!
くるみ割り人形とねずみが仲良くなるシーン。
なんでお前らそんなに仲良くなった?!

 

マザー・ジンジャーが除け者にされているところもよく分からなかったし、クララが何に不満を持っているのかもあまり伝わってこなかったです。(予想はできるのですが、ありきたりな展開で、明らかに説明不足であるため人間描写に薄っぺらさを感じる。だから物語としても全体的に何を言いたいのか分からなかったです)

 

モーガン・フリーマンマッケンジー・フォイキーラ・ナイトレイなど、
キャストも豪華だったので、せめて人物描写はもっと丁寧にしてほしかったです!( `ー´)ノ本当に残念です!ディズニーならもっとやってくれると思ってたよ!
 そういえば、キーラ・ナイトレイが出演していることは知っていたのですが、まさかシュガー・プラムだったとは…。役への入り込みがすごくて気がつきませんでした( ゚Д゚)

  

お気に入り度

 

★★
期待していたけど、バレエを観た方がよかったかな~と思ったので、ちょっと辛めの星2つです!

 

トーマの心臓 / 萩尾望都

 

トーマの心臓 (小学館文庫)

 

内容

 

フランス映画『悲しみの天使』をモチーフとしてドイツのギムナジウム(高等中学)を舞台に、人間の愛という普遍的かつ宗教的なテーマを描いた作品

 

引用元

トーマの心臓 - Wikipedia

 

感想

 

ネタバレあります!

 

 

 

トーマという少年が死んでしまうところから、物語が始まりますが、
トーマの死は、遺言書を読んでみるとどうやら自殺らしいのです。

 

そして遺言書は、「ユーリのために死んだ」という内容でした。

 

ユーリのために死んだとはどういうこと???
不気味じゃない???ストーカー???( ゚Д゚)

 

心をざわつかせるスタートでしたが、主人公・エーリクの登場もまた嵐を呼びそうな展開でドキドキしました。
エーリクは性格こそ正反対ですが、容姿がトーマにそっくりなのです。
そのこともあってエーリクとユーリは、お互いの存在を意識しすぎてぶつかり合ったりして、常に緊張状態にありました。

 

だけど、エーリクと話すうちに、ユーリは気がつくのです。
トーマが何を思って死んでいったのか。
トーマがユーリにどういう思いを託して死んでいったのか。

 

そこに、萩尾望都が描きたかった「人間愛」をみることができるような気がします。

 

私は、愛とは許すこと、だと読み取りました。

 

どんなに罪深い人間でも、あなたを愛します。
とっても宗教的な言葉ですが、これって愛じゃない?
本当に好きじゃないと許せないですもん( `ー´)ノ

 

そして許す、ということは「相手を信じる」意味もこめられている気がします。

 

ユーリは過去の自分の行動を責めて苦しみ、自ら救いの手を断ちます。
信仰深いユーリでしたが、神様からも見放されたと絶望に陥るのです。

 

そんな状態のユーリをみてトーマは、彼に何が起こったのかは分からないけど、
全面的にユーリの味方になろうと考えたのではないでしょうか。

 

彼に何があったのかは分からない。
これから彼が何をするのかも分からない。
だけど、ずっとユーリの味方でいるよ。

 

トーマの死には、恐らくそんな思いが秘められているのだと思います。

 

これを人間愛と呼ばずになんと呼びますか!!!

 

人間は残念ながら欲に弱い生き物ですから、生きていればそれだけ罪を重ねてしまうことでしょう。
そして罪を感じている状態こそ、人間が一番弱くなる状態ですから(何かの漫画でそんな意味のことが書いてあって感心した覚えがある)いつまでもそんな状態が続くと病んでしまいますよね。
だから人間には許しが必要なのです!

 

 ユーリはトーマの本当の愛に気がつき、少しずつ自分の罪に向き合うことが出来るようになりました。

 

これはね、愛ですよ。

 

男とか女とか、そんな小さい話じゃなくてね。

 

人間が人間を愛すること。すなわち人間愛ね!!!( `ー´)ノ

 

さて、記事を書いているうちに思ったのですが、もしかしてトーマが自ら死を選んだのは、ユーリを信じぬく自信がなかった、とかそんなことではないかな。
トーマはユーリの身に起こったことを知らないだろうし、疑うことだってしたと思います。それがトーマは嫌だった、とか?
ちょっとでも疑ってしまって、それがユーリに伝わってしまったら彼をとても傷つけることになる、とトーマが思っていたとしたら?

 

トーマは最初から最後まで死んでしまっているので、トーマの考えは推測することしか出来ません。だけど存在感はとてもあって、きっといろいろな考え方ができるでしょう。
そこがこの漫画のすごいところなのかもしれません。

 

以下、トーマのセリフです。
トーマは人から愛されることだけではなく、人を愛することの大切さにも気がついていたのですね( 一一)

どうしてお父さん
神様はそんな寂しいものに人間をおつくりになったの?
ひとりでは生きていけないように

 

ユリスモール
それでも君は――だれも愛していないの
でもそれで生きていけるの?
これからもずっと…?ひとりで…?

 

ほぼ、トーマとユーリのことしか書いていないけど、私はオスカーが一番好きです(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

お気に入り度

 

★★★★

 

張り込み

 

張り込み [DVD]

 

内容

 

シアトル市警察のマヌケな刑事コンビ、クリスとビルは上層部経由でFBIからある特命を命じられる。服役中の凶悪殺人犯スティックが仲間の手助けで脱獄、その立ち回り先として考えられる、元恋人マリアの家を24時間態勢で監視せよというものだった。
しかしクリスは監視を続けるうち、マリアのあまりの美しさに惚れてしまい、マリアもまたクリスに惹かれていき、2人は本当の恋人のような親密な関係になっていく。

 

引用元

張り込み - Wikipedia

 

感想

 

ネタバレあります!

 

サスペンス・コメディ!

 

前半はとにかく笑えるんです。
刑事たちがいたずらしあったり、監視対象者と親密になってしまい会話を録音されてしまってごまかしたり。

 

ふるまいが小学生か!と思わず突っ込みたくなります。

 

だけど後半。
カーチェイスや銃撃戦は 迫力がありドキドキしました。

 

緩急がはっきりしていたので、始めから終わりまで楽しめる映画でした。

 

あちこちで問題を起こしつつも乗り越えていくリチャード・ドレイファスは、可愛かったしカッコよかったです。

お気に入り度

 

★★★

 

猟奇的な彼女

 

猟奇的な彼女 (字幕版)

 

内容

 

性格の優しい大学生のキョヌは夜の地下鉄ホームで美しい“彼女”と出会う。でもその時“彼女”は泥酔状態。酔っぱらい女は嫌いだったが、車中で倒れている“彼女”を放っておけず仕方なく介抱してホテルへ運ぶ。
ところがそこに警官がやってきてキョヌは留置場で一晩を過ごすハメに。翌朝、昨夜の記憶のない“彼女”は怒ってキョヌを電話で呼び出した上、詰問するのだった。しかし、これがきっかけで、そのルックスとは裏腹にワイルドでしかも凶暴な“彼女”に振り回される、でもキョヌにとっては楽しい日々が始まるのだったが…。

 

引用元

解説・あらすじ - 猟奇的な彼女 - 作品 - Yahoo!映画

 

感想

 

ネタバレあります。

 

始めは彼女のわがままや暴力についていけなかったのですが、観ていくうちに彼女のいじらしさに気がつき虜になってしまう、不思議な映画でした。

 

昔の安っぽいラブコメ映画かと思えば、ラストに向かうにつれておしゃれ~な演出があるのもずるいんですよね。

 

彼氏を反対の崖に走らせて声が届かないのを確認してから涙ながらに謝ったり、暴力をふるっているだけかと思えば両親に反対されてまで彼とお付き合いしたり、駅のアナウンスを使って彼を呼んだり、

 

なんでこんなに彼女がかわいいのでしょうか?

 

なんというか、彼女の愛情表現って男らしいのではないかと思います。言葉にせず行動で示すんですよね。それが次第に目の離せない存在となり、心をグッとつかんでいくのでしょう。不器用でいじらしい!(´- `*)

 

そして、最後はちょっとした驚きもあり、ハッピーエンドにもなりますので、清々しかったです。

 

私が好きなシーンはタイムカプセルを埋めにいった帰り。彼は電車を飛び降り、彼女は電車に飛び乗り、離ればなれになってしまいます。心は通じあっているのに、運命のイタズラによって二人の関係が終わってしまうのです。

 

ここがグッと来るんですよね。あーこれで二人はもう会わないんだろうな~、と思いましたよ。別れは唐突に、あっさり訪れるもの、ということを短く分かりやすく表現されているのです(^^)d

 

他にも母親への反抗として、プレゼントのハイヒールを汚す、とかエスカレーターでのすれ違いとか、ちょこちょこ表現力が素晴らしくてグッと来ました!

 

これは猟奇的ないい映画でした(°∀°)

 

お気に入り度

 

★★★★

ラストショー / 浜田省吾 について

 

ラストショー

 

こんにちは。いかえるです。

 

最近眠くて眠くて仕方がなかったので、しばらく投稿ができていませんでした。だらだらしていただけですけどね(°∀°)

 

ひさしぶりの投稿は、ひさしぶりに音楽について何か書いてみようと思います(-.-) 

 

さて、これからご紹介します「ラストショー」という曲は、作詞・作曲 浜田省吾の代表曲になります!

音楽と歌詞の構成が素晴らしくて、おもしろい曲なんですよ('_')

 

この曲は、なんと

 

サビと、Aメロ・Bメロ で時間軸が違うんです!

どういうことか、具体的に歌詞をみていきますね(*^^*)

 

「ラストショー」

さよなら バック・ミラーの中に あの頃の君を探して走る
さよなら 二人演じた場面(シーン)を 想い出す
もう一度 もう一度

 

ハンバーガー・スタンドで
俺達待ち合わせて
君の親父の車 夜更けに盗み出し
遠くへ 街の灯り背にして
遠くへ 誰もいない海まで 君の肩を抱いて
飛ばしたね真夜中

 

浜辺に車止めて
毛布にくるまって
互いの胸の鼓動 感じたね夜明けまで
あの頃 カーラジオから俺の
あの頃 お気に入りの“Like A Rolling Stone”
星は君のもので
月は俺のものだった

 

さよなら 想い出の中の二人
まるでスクリーンのヒーローだった
さよなら セピア色のフィルムに
苛立ちと優しさと怒りを焼き付けた二人

 

シートに身を沈めて ぽつんと呟いた
“あなたの夢の中で 生きてゆけるかしら”
きっと 別々の車線を
きっと 走り始めていたんだね
二人違う景色の中を ひとりぼっちで

 

さよなら エピローグは俺ひとり
明け方の海岸線を走る
さよなら フラッシュ・バッグのような
過ぎた日々 抱きしめて
もう1度 忘れるために

さよなら バック・ミラーの中に
あの頃の君を探したけど
さよなら ボンネットを叩く雨
もう何も見えないよ
もう何も聞こえないよ
さよなら…

 

ざっくり内容を説明しますと、この曲は、ある男性が別れた彼女のことを思い返す曲です。

いつ別れたのかは分かりませんが、「彼女を忘れるために」車を走らせてはいるものの、吹っ切れている感じではありません。むしろ感情的になっていて未練がましい感じがします。

 

さて、ここで着目したいのは、

今、男性は車に乗っているということです。

 

そして、車の中で彼女のことを思い返して今の心情を歌っているのです。ここがこの曲のサビ、つまり盛り上がりになります。

 

それから、彼女と過ごした時間をAメロ・Bメロで、具体的に思い出します。結構美化されてるように思えるのがまた女々しい。

 

このように、サビとAメロ・Bメロとで綺麗に時間軸が分かれているのです!ここがおもしろい!(°∀°)

男性のテンションによって曲が構成されている、とも言えるかもしれません。

 

彼女のことを忘れられない男性がやや女々しいのですが、聞いていて気持ちのいい曲ですので、機会がありましたらぜひ聞いてみてください(^^)

2001年宇宙の旅

 

2001年宇宙の旅 (字幕版)

 

内容

 

スタンリー・キューブリック監督と原作者アーサ・C・クラークによる、映画史を代表する不朽の傑作SF。

 

月に人が住むようになった時代。月のクレーターの地中から謎の石碑が発掘され、宇宙評議会のフロイド博士が調査に向かう。
それから18カ月後、最新型人工知能「HAL(ハル)9000型コンピュータ」を搭載した宇宙船ディスカバリー号は、デビッド・ボーマン船長、フランク・プールら5人のクルーを乗せて木星探査に向けて航行していた。
しかし、その途上でHALが探査計画に対して疑問を抱いていることを打ち明ける。ボーマンとプールはHALの不調を疑い、いざというときはHALの回路を切断することを決めるが、それを知ったHALは反乱を起こす――。

 

極端に少ないセリフや固定した長回しのカメラワーク、「ツァラトゥストラはかく語りき」「美しく青きドナウ」をはじめとするクラシック音楽の使用などが斬新で印象を残す。撮影時に開発された新技術と、科学的裏付けの追求により人工知能HALの暴走がリアルに描かれている。第42回アカデミー特殊視覚効果賞受賞。日本では1968年の初公開を皮切りに何度かリバイバル上映されており、製作50周年となる2018年には、10月6日から国立映画アーカイブでアンレストア70ミリ・ニュープリント版(クリストファー・ノーラン監修)のフィルム上映が行われ、同月19日からはIMAXシアターで2週間限定公開。11月21日には4K URTLA HD&HDデジタルリマスターのブルーレイがリリースされる。

 

引用元

2001年宇宙の旅 : 作品情報 - 映画.com

 

感想

 

制作50周年!
ということで、IMAXシアターで2週間限定で上映されていましたので
観てきました!( `ー´)ノ

 

意外と観客は少なかった…!
そして意外と若い人も多かった!

 

以前観たときには、さっぱり理解できなくて辛かったのですが、今回少しは理解できたと思うんです。思うんですけどね、モヤモヤするんですよ。
一生懸命、自分なりに解釈をしながら観ていたんです。今流れているシーンは何を表しているのか、これまでの話の流れを考えて意味付けをしようと必死に脳みそフル回転させながら観ていたんです。
だけど、ラスト40分ほどのあの映像!意味わかんないよ!
一気においてけぼりをくらってしまいました( 一一)

 

本当悔しい。
時間をかけてゆっくり咀嚼していきたいと思います。
いつか分かる日がくるといいな。

 

1960年代と言えば、宇宙開発が目覚ましい成長を遂げた時代です。
CGもない時代です。
そんな時代にこんなにもリアルで美しい映像が撮れるのは、すごいな~と思いました。

 

お気に入り度

★★★