いかえるの感想日記

本や映画について感想を好き勝手に書いてます。

ベルサイユのばら / 池田理代子

 

ベルサイユのばら 11 (マーガレットコミックス)

 

内容

 

18世紀フランスの激動を描いた漫画。市民側にも主要キャラを置いているが、メインは王朝側。

 

感想

 

池田先生のオリジナルキャラも登場するのでどこが史実か判断しないといけないところもありますが、大体合っていて分かりやすいのでフランス革命あたりの時代を学ぶにはとてもいい漫画だと思います。

マリーアントワネットを魅力的な女性に描いているのもいい。

 

そしてオスカルとアンドレの愛ですよ。情熱的でとてもいい!

気高く美しい。オスカルの生き方に憧れる女性、多いんじゃないかな~。

 

お気に入り度

 

★★★★