いかえるの感想日記

本や映画について感想を好き勝手に書いてます。

イノサン 全9巻 / 坂本眞一

イノサン 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

内容

 

舞台は18世紀パリ、王を頂点とした身分制度の時代。主人公シャルル=アンリ・サンソンは代々に亘ってパリの死刑執行人を務めるサンソン家四代目当主として生まれる。

死刑執行人は、国王から直々に任命される「正義の番人」であると同時に、処刑のための研鑽で得た技術や知識を医療行為を通じて社会に還元するも、時に苛烈な刑務の印象ばかりが先行するあまり、世間からは「死神」と蔑まされるという“矛盾”を抱えた過酷な職業であった(この時代、死刑執行は民衆に公開されており、残酷な処刑は重要な娯楽エンターテーメントであった)。シャルルは『ムッシュ・ド・パリ』と呼び恐れられる、その職を継ぐことに苦悩する。だが、「いつか死刑を無くす」ことを志して、死刑執行人を務め上げることを誓った。

 

ウィキペディアより

 

感想

 

テーマが面白いです。
シャルル=アンリ・サンソンは聞いたことがなかったのですが、なるほど、死刑執行人の歴史からみると、とんでもなくすごい人だったのだということが分かります(フランス革命期の有名人、マリーアントワネット、ルイ16世、ロベスピエール、ダントン等を処刑している)。

 

絵もとても美しく、表現の仕方も好みでした。
とくにベルサイユ宮殿内の描写は、むせかえるほど耽美な世界でした。

 

ただ9巻のうちに決着がつかないのが残念です。心優しいシャルルがどういう思いでフランス革命を見つめ、アントワネットを処刑したのか、といった点が気になっていたのですがフランス革命に辿りつかなかったです。

 

イノサンの続編に「イノサンルージュ」があるみたいですが読むかはちょっと考え中。イノサンには原作があるみたいで、そっち方が気になるかも。

 

死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)

死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)

 

 

 

お気に入り度

  

★★★