いかえるの感想日記

本や映画について感想を好き勝手に書いてます。

インセプション

インセプション (字幕版)

 

内容

 

ダークナイト』の気鋭の映像作家、クリストファー・ノーラン監督がオリジナル脚本で挑む、想像を超えた次世代アクション・エンターテインメント大作。人の夢の世界にまで入り込み、他人のアイデアを盗むという高度な技術を持つ企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描く。主役を務めるのは『シャッター アイランド』のレオナルド・ディカプリオ。物語のキーマンとなる重要な役どころを『ラスト サムライ』の渡辺謙が好演する。斬新なストーリー展開と、ノーラン監督特有のスタイリッシュな映像世界に引き込まれる。

コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そんなある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。

 

シネマトゥデイ より

 

感想

 

めちゃくちゃ面白かったです。

 

様々な分野のスペシャリストを集めチームを組んで作戦会議するところも、潜在意識(=夢)の中に潜っていく設定も、迫力満点なビジュアルも、作戦通りにいかずトラブルだらけな展開も、過去に囚われている主人公のほの暗い感じも、アメコミ風な日本描写も全てめちゃくちゃ好み。

ターゲットの無意識下に無理なく記憶を植え付けるための階層作りが面白かったんだけど、私に心理学の知識があればもっと発見があったかな〜。

 

主人公以外のキャラクター描写が少し薄いような気もしますが、これ以上は望まなくてもいいかな〜と思っちゃいます。

よくも悪くもスタイリッシュな映画。

意外にキャストが豪華でびっくりです。

 

お気に入り度

 

★★★★

 

多分クリストファー·ノーラン監督の映画好きかもしれない。他のも見てみよ〜。