いかえるの感想日記

本や映画について感想を好き勝手に書いてます。

SE7EN

セブン (字幕版)

 

内容

『セブン』(Seven, 劇中の表記は"Se7en")は、猟奇殺人を描いた1995年のアメリカ映画。監督はデヴィッド・フィンチャー

キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いたサイコ・サスペンス。先鋭的な映像センスと、ノイズを活用した音響により、シリアスかつダークな独特の世界観を描いている。

4週連続で全米興行成績1位に輝いた大ヒット映画であり、IMDBでは『第三の男』、『シャイニング』を上回る評価を得ている。

 

wikipedia より

 

感想

 

えげつない!
観てすぐには受け入れられなかったです。映画ってこんなに報われなくてもいいんですね…。

 

だけど面白かったです!いい映画なのは間違いない。

 

まず殺害方法が斬新です。

7つ大罪になぞらえて連続殺人をするのですが、倫理観をどこかに置いてきたかのような自由な発想力です。

 

暴食、肉欲、怠惰、強欲、傲慢、嫉妬、憤怒

 

 どれもこれも嫌らしくて7つの大罪、覚えてしまったよ!

殺害内容に関しては触れません。サイコパス怖すぎ!ちなみに私は暴食の殺し方が好きだ。

 

お気に入り度

 

★★★★