いかえるの感想日記

本や映画について感想を好き勝手に書いてます。

アトミック・ブロンド

 

 【映画パンフレット】 アトミック・ブロンド 

 

内容

 

マッドマックス 怒りのデス・ロード」や「ワイルド・スピード ICE BREAK」など近年はアクション映画でも活躍の幅を広げているシャーリーズ・セロンが、MI6の女スパイを演じた主演作。アントニー・ジョンソンによる人気グラフィックノベルを映画化したアクションスリラーで、「ジョン・ウィック」シリーズのプロデューサーや「デッドプール」続編の監督も務めるデビッド・リーチがメガホンをとった。冷戦末期、ベルリンの壁崩壊直前の1989年。西側に極秘情報を流そうとしていたMI6の捜査官が殺され、最高機密の極秘リストが紛失してしまう。リストの奪還と、裏切り者の二重スパイを見つけ出すよう命じられたMI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、各国のスパイを相手にリストをめぐる争奪戦を繰り広げる。共演に「X-MEN」「ウォンテッド」のジェームズ・マカボイ、「キングスマン」「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」のソフィア・ブテラ

 

映画.com より

 

感想

  

ハードボイルドです。

孤独に敵と戦う女スパイ・ローレンがめちゃくちゃかっこいい。

かっこいいと言ってもクールにミッションをこなすわけではありません。常に死と隣り合わせです。生きるための必死さがよく表現されていて、その泥臭さがたまらなく好きです。

例えば、ローレンがスパイグラスを西側へ逃がそうと護衛するシーン。武器らしい武器を持っていないローレンは、敵から銃を奪ったり、凶器になりそうな何かの部品を床から拾ったりして戦います。

敵も、血を流し顔が変形しボロボロになりながらも立ち上がります。バイオレンスな描写は見ていて痛々しいのですが、自分の戦場で命をかけて戦う様はとてもかっこいい。

ローレンの飄々とした強さが感じとれる、シャーリーズセロンの演技がよかったです。

 

シャーリーズセロンの色っぽさも魅力的。ミニスカ+ロングブーツは最高にエロいです。

 

 

お気に入り度

★★★