いかえるの感想日記

本や映画を”お気に入り度”によって評価しまとめています。

つぐない

  

つぐない [DVD]

  

内容

 

ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。

運命に翻弄(ほんろう)される男女を演じるのはキーラ・ナイトレイと『ラストキング・オブ・スコットランド』のジェームズ・マカヴォイ。映像化は困難と言われた複雑な物語を緻密(ちみつ)な構成でスクリーンに焼きつけた監督の手腕に注目。

 

1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と思いを通わせ合うようになる。しかし、小説家を目指す多感な妹ブライオニー(シーアシャ・ローナン)のついたうそが、ロビーに無実の罪を着せ、刑務所送りにしてしまう。

 

シネマトゥデイ より

 

感想

 

ネタバレにお気をつけください!

 

シアーシャ・ナーロンがかわいい!貴い!かわいい!

嘘をついたことで二人の人生を狂わし、「償い」なんて重たいものを背負うことになるブライオニー。でもさ、10代の多感な時期よ?しかもブライオニーは妄想好きな女の子よ?ちゃんとした証拠もないで信じちゃだめよ( ̄^ ̄)

ところが、時代は第二次世界対戦へ向かう最中。混乱の渦に飲み込まれないようにと人々は必死に生きているわけです。そんな状況で誰を責められるでしょうか。

強いて言うなら、変態チックな手紙を渡してしまった、おっちょこちょいなマカヴォイかな?

冗談ですが(^-^)v

 

噴水のシーンのいちゃつき具合がすごい好きです。

 

お気に入り度

 

★★★★

 

年末年始のお休みに何を観ようか、何を読もうか、考えただけで心がワクワクします!

さて、11月にアメリカで公開した映画「ladybird」。シアーシャ・ナーロンが主演なのです。日本公開日が楽しみです!