いかえるの感想日記

本や映画を”お気に入り度”によって評価しまとめています。

ライフアクアティック

 

ライフ・アクアティック [DVD]

 

内容

 

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』のウェス・アンダーソン監督、待望の最新作。主演は『ロスト・イン・トランスレーション』のビル・マーレイ。アカデミー女優のケイト・ブランシェットも雑誌記者の役で登場している。ブラジリアン・ソウルのカリスマ、セウ・ジョルジがポルトガル語でカバーしたデヴィッド・ボウイのヒット・ナンバーも見逃せない。

 

世界的に有名な海洋探検家にして海洋ドキュメンタリー監督のスティーヴ・ズィスー(ビル・マーレイ)は、幻のジャガーザメに殺された仲間の仇を討つために、最後の航海へ乗り出す。

 

引用元

解説・あらすじ - ライフ・アクアティック - 作品 - Yahoo!映画

 

感想

 

ネタバレあります!

 

 

ウェス・アンダーソンの映画ということで、
観る前はとても楽しみにしていました……が!!

 

マニアックな方でないと楽しめない映画でした( ;∀;)

さまざまな国籍をもつ乗組員たちですが、一緒の船に乗り共同生活をします。
血の繋がらない家族を描いた映画なのです。

 

話の内容はややぶっ飛んでるところもあり、あまり楽しくないかもしれません。
なので他の方におすすめは出来ません。万人受けはしないでしょう!( 一一)
ウェス監督の映画なので、私は観れて損はしなかったのですが、この映画の良さは今の段階では分かりませんでした。
何回も観て考える気力も起こらない…。残念…!( 一一)

 

映像としてはおもしろかったかもしれません。
「ムーンライズキングダム」や「グランド・ブダペスト・ホテル」のような
北欧の子供部屋を思い起こさせる、かわいらしい色使いではないものの、ポップで派手な色合いが、音楽とも上手くマッチしていて、独特な世界観を創り出していました。

 

ウェス監督のセンス、少し分けてほしい( ゚Д゚)

 

お気に入り度

 

★★★